「あなのなかから」

演劇解放軍「作戦会議」かぢきんの見聞録。
<< アメリカにとって、不都合な真実? | main | いつ見ても波乱万丈パンクロック版。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | posted by スポンサードリンク
このボンドは、イケてない?
評価:
ダニエル・クレイグ,エヴァ・グリーン,マッツ・ミケルセン,カテリーナ・ムリーノ,ジュディ・デンチ,ジェフリー・ライト,ジャンカルロ・ジャンニーニ,マーティン・キャンベル
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
ダブルオー要員になったきっかけを描いた作品と云う事でもあり
ジェームス・ボンドが、ニューフェイスになったと云うので、
興味津々で観ましたです…。

残念ながら過去のボンド達の方が、断然カッコイイですね。

「人は、見かけじゃないのよ」

とは、云う物のダンディなセリフはルックスありきですな。
ボンドガールとの色恋沙汰も単なるセクハラ親爺の
ネットリとした質感が漂いますです。

ただし…
コレは、よく出来たパロディ映画だと思ってみると
なかなかブラックユーモアに溢れた作品なのでは、ないでしょうか?
| 23:21 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by 作戦会議室室長*かぢきん
スポンサーサイト
| 23:21 | - | - | posted by スポンサードリンク
拷問シーンは、どんだけ〜系にウケそうでした。
| ▽かぢきん | 2007/08/25 8:58 PM |
ごめんなさい、自分は「ショ−ン・コネリ−」が好きなので、それ以外観てません。
この彼は、ちょっとかっこいいかなぁと思ってたんですが・・・。
| ☆焔☆ | 2007/08/25 8:18 PM |









http://kaihoogun.jugem.cc/trackback/237
QR Chord
qrcode
calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
selected entries
recent comments
categories
archives
links
others